【ANA ワイドゴールドカード】のメリット・デメリットを評価!ゴールドカード比較ランキングから考察 #6

ゴールドカード

このブログでは、ゴールドカード(一部プラチナ含む)を比較し、ランキング化しています。

今回は、ANA ワイドゴールドカードを評価していきます。

クレジットカード攻略の参考にして下さい。

ANAカードは、VISA・MASTERJCBアメックスなどそれぞれ発行会社が異なっており、ポイントも直接ANAマイルが貯まる訳ではなく、それぞれの発行会社のポイントが貯まるという事が特徴です。

これは、JALカードは直接マイルが貯まりますので、この違いはありますね。

JCB・アメックスの記事は下記に記載しています。

個人的には、VISA・MASTERが一番コスパ的にオススメです。

スポンサーリンク
  1. ANA ワイドゴールドカードの基本情報及び評価サマリー&ランキング
    1. ANA ワイドゴールドカードの評価サマリー&ランキング
  2. ANA ワイドゴールドカードの特典・特徴と弱点
    1. ANA ワイドゴールドカードの特典・特徴
      1. ANAのマイルを効率良く貯める
      2. ANAビジネスクラス・チェックインカウンターが利用できる
      3. IHG・ANA・ホテルズグループジャパンのサービスや割引を受ける
      4. ANAステータスカード取得の近道
    2. ANA ワイドゴールドカードの弱点
      1. 家族カードが高め?
  3. ポイントプログラム
    1. ポイントを貯める
    2. ポイントを使う
  4. 付帯サービス
    1. 保険・補償
    2. トラベル
    3. ショッピング&エンターテイメント
  5. ANA ワイドゴールドカードの総評
  6. ANA ワイドゴールドカードのキャンペーン情報
  7. 他にもオススメカードをご紹介します
    1. ① 年間200万円以上使うなら圧倒的おすすめカード「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」
    2. ② コスパ最高!高級ホテルの無料宿泊券が貰える「SPGアメックスカード」
    3. ③ サービス&コスパの良いゴールドカードを安く持ちたい「ミライノ カード GOLD」
    4. ④ サービス&コスパの良いゴールドカードを安く持ちたい「MICARD GOLD」
    5. ⑤ とにかく安くプライオリティ・パスをGETしたい「楽天プレミアムカード」
    6. ⑥ Amazonプライム会員なら「Amazon MasterCardゴールド」

ANA ワイドゴールドカードの基本情報及び評価サマリー&ランキング

カード名 ANA ワイドゴールドカード
発行会社 三井住友カード
提携会社 全日本空輸
国際ブランド VISA、MASTER
年会費 (税込) 15,400円
家族カード年会費 (税込) 4,400円
その他費用 (税込)

《ETCカード》 550円
※初年度無料。翌年度以降は、前年度に1回以上ETC利用のご請求があれば年会費無料
《銀聯カード》無料

※カードご利用代金WEB明細書サービスのご利用で次年度年会費が1,100円割引
※マイ・ペイすリボをお申し込み+ご利用で次年度年会費が3,850円割引

ANA ワイドゴールドカードの評価サマリー&ランキング

GEN-ZO的最強ランキング 8位
総合得点 15位 [14点 /25点]

100万円
カード利用

旅行
価値
合計価値 17位 [¥20,000]
いくら+ 13位 [¥4,600]
CP 13位 [130%]
物販
価値
合計価値 7位 [¥12,000]
いくら+ 19位 [¥-3,400]
CP 20位 [78%]
200万円
カード利用
旅行
価値
合計価値 15位 [¥35,000]
いくら+ 10位 [¥19,600]
CP 13位 [227%]
物販
価値
合計価値 10位 [¥22,000]
いくら+ 20位 [¥6,600]
CP 19位 [143%]

※順位は、55のゴールドカード(一部プラチナカード含む)をカード調べた結果の順位です。
※プラチナカードは、年会費5万円以内のものを選定しています。

[表の見方]

  • GEN-ZO的最強ランキング
    • 総合得点、コスパを総合的に見てGEN-ZOがランキング化
  • 総合得点
    • 最高点25点。「ポイント還元率」、「旅行」「エンタメ&ショッピング」などの付帯サービス、「補償」で評価を作成
  • 100万円(200万円)カード利用
    • クレジットカードを年間100万円(200万円)通常利用した場合
  • 旅行(物販)価値
    • 旅行(物販)で利用出来る価値を算出
  • 合計価値
    • 旅行(物販)サービスの金額価値
  • いくら+
    • 「旅行(物販)サービスの合計価値 ー 年会費」で算出。いくらプラスになるかで儲かる金額が分かる。
  • CP
    • 「旅行(物販)サービスの合計価値 ÷ 年会費」で算出。コスパが分かる。

総合得点及びコスパの評価詳細については、下記の記事に載せています。

総合得点とコスパを合わせたランキングは下記を参照して下さい。

総合得点のみのランキングは下記を参照して下さい。

コスパを重視したランキングは下記を参照して下さい。

スポンサーリンク

ANA ワイドゴールドカードの特典・特徴と弱点

ANA ワイドゴールドカードの特典・特徴

ANAのマイルを効率良く貯める

ANA ワイドゴールドカードは、ANAマイルを効率良く貯めることが出来ます。

  • ご入会時に2,000マイルプレゼント
  • 翌年以降毎年カード更新時に2,000マイルプレゼント
  • ご搭乗ごとのボーナスとして、区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×25%

JALカードのように搭乗しなくてもカード継続でマイルが貰えるのは嬉しいですね。

ただし、JALのツアープレミアムのように区間マイルの100%マイルが貯まりますというようなサービスはないので、その辺り、搭乗でのボーナスマイルのメリットが薄いような気がします。

ちょっと変わったところだと、ANAカードから楽天Edyへチャージすると200円につき1マイルが自動的に積算されます。

Edyを日常的に利用する人であれば、大いに利用価値がありそうです。

ANAビジネスクラス・チェックインカウンターが利用できる

ANA国際線にご搭乗の場合に、ANAビジネスクラス・チェックインカウンターを利用する事が出来ます。

エコノミークラスのチェックインカウンターって結構混んでますよね。

ANA ワイドゴールドカードを持っていれば、スムーズなチェックインが可能です。

IHG・ANA・ホテルズグループジャパンのサービスや割引を受ける

予約の際にANAカード会員の旨を伝えると、5%割引になります。

ANAカード会員宿泊割引サービスにて宿泊の方に、朝食を無料サービス。また、ウェルカムドリンクもサービスされます。

対象ホテル

  • ANAクラウンプラザホテル札幌
  • ANAホリデイ・イン札幌すすきの
  • ANAクラウンプラザホテル千歳
  • ANAクラウンプラザホテル釧路
  • ANAホリデイ・イン仙台
  • ANAクラウンプラザホテル富山
  • ANAクラウンプラザホテル新潟
  • ANAクラウンプラザホテル成田
  • ANAクラウンプラザホテル金沢
  • ANAホリデイ・イン金沢スカイ
  • ストリングスホテル東京インターコンチネンタル
  • ANAインターコンチネンタルホテル東京
  • ANAクラウンプラザホテル京都
  • ANAクラウンプラザホテルグランコート名古屋
  • ANAクラウンプラザホテル神戸
  • ANAクラウンプラザホテル大阪
  • ANAクラウンプラザホテル岡山
  • ANAクラウンプラザホテル広島
  • ANAクラウンプラザホテル宇部
  • ANAクラウンプラザホテル米子
  • ANAクラウンプラザホテル松山
  • ANAクラウンプラザホテル福岡
  • ANAクラウンプラザホテル長崎グラバーヒル
  • ANAクラウンプラザホテル熊本ニュースカイ
  • ANAホリデイ・イン リゾート宮崎
  • ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート
  • ANAインターコンチネンタル石垣リゾート
  • ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー

ANAステータスカード取得の近道

搭乗や買い物などで貯まる「マイル」とは異なり、プレミアムメンバーの認定を目的として毎年1月~12月の1年間に登録されるポイントをプレミアムポイントと呼びます。

プレミアムポイントの獲得数に応じて、ダイヤモンドプラチナブロンズ、3つのステージが用意されています。

  • Bronze会員
    • 年間プレミアムポイント30,000ポイント
    • うちANAグループ運航便利用分15,000ポイント
  • Platinum会員
    • 年間プレミアムポイント50,000ポイント
    • うちANAグループ運航便利用分25,000ポイント
  • Diamond会員
    • 年間プレミアムポイント100,000ポイント
    • うちANAグループ運航便利用分50,000ポイント

ANAゴールドカードを保有している場合、年間プレミアムポイントが30,000ポイント以上あれば、年間ANAグループ運航便利用分のプレミアムポイントが15,000ポイントに満たない場合でも、「ブロンズサービス」メンバーのステイタスを獲得することが出来ます。

各ステータス毎の特典はこちらから確認頂けます。

ステータスに応じて、より多くのマイルが獲得出来たり、座席のアップグレード、マイルからANA SKYコインへの特別倍率で交換、ANA LOUNGEの利用など様々な特典を受けることが出来ます。

とりあえず、Bronze会員を目指す場合には、ANA ワイドゴールドカードはオススメの一枚になります。

ANA ワイドゴールドカードの弱点

GEN-ZO的最強ランキングでも8位と高順位だけあってあまり弱点のようなところは・・・しいて言えば、

家族カードが高め?

家族カードの年会費が4,400円です。ちょっと高めですかね??

スポンサーリンク

ポイントプログラム

ポイントを貯める

ポイントプログラム ・ワールドプレゼント or
・ANAマイル
ポイント有効期限 ・ワールドプレゼント:2年間
・ANAマイル :3年間
ポイント付与レート ・ワールドプレゼント :1,000円で1ポイント or
・ANAマイル:1,000円で10マイル
ポイント還元率 ※1 1%
ボーナスポイント ・ポイントUPモール
・ボーナスポイント ※2
・ココイク ※3

※1 100円で何円分貯まるのかでパーセンテージを計算。マイルを金額換算する場合は、便宜上1mile=1円で換算している。

※2 前年度お支払いのお買物累計金額(2月~翌年1月分)によって、翌年度のステージが設定されます。そのステージとお支払いのお買物累計金額に応じて、ボーナスポイントをプレゼントします。

※3 事前エントリーして、大丸、高島屋、東急ハンズ、紀伊国屋など 街でカード利用するだけで、もれなくポイントアップやキャッシュバック!

ポイントを使う

主なポイント利用方法 ・ANAマイルへ交換
・景品に交換
・キャッシュバック
・各種ポイントに交換
・オンラインギフトカードに交換
JALマイル還元率 ×
ANAマイル還元率 1%
ホテル宿泊で利用 ×
ポイント・電子マネーに交換 ■ワールドプレゼント
dポイント、Ponta、楽天ポイント、Tポイント、nanaco、waon など
■ANAマイル
Edy、楽天ポイント、Tポイント、nanacoなど
Amazonギフト券還元率 0.5% *ワールドプレゼントからの交換
楽天スーパーポイント還元率 1% *ANAマイルからの交換
Tポイント還元率 1% *ANAマイルからの交換

付帯サービス

保険・補償

✔ 旅行傷害保険

海外旅行傷害保険 最高5,000万円 (最高5,000万円 )
国内旅行傷害保険 最高5,000万円 (最高5,000万円 )

※()内は自動付帯

✔ その他補償

  • 国内航空便遅延保険
  • 国内航空傷害保険
    • 航空機搭乗中傷害事故に対する保険
  • お買物安心保険(動産総合保険)
    • ANAゴールドカード会員が、補償期間中に当該カードのクレジット決済で購入した商品が購入日および購入日翌日(配送等による場合には商品の到着日)より200日以内に、破損、盗難、火災などの偶然な事故により損害を被った場合に補償

トラベル

✔ 空港ラウンジ

プライオリティ・パス ×
空港ラウンジ カードラウンジ

✔ その他特典

  • ビジネスクラスカウンターでのチェックイン(国際線のみ)
  • IHG・ANA・ホテルズグループジャパン宿泊割引サービス
  • IHG・ANA・ホテルズグループジャパン朝食無料&ウェルカムドリンクサービス
  • JRホテルクレメント高松 割引等サービス
  • ANAスカイホリデー・ANAハローツアー・ANAワンダーアース割引販売 (5%OFF)
  • 成田空港でのパーキング割引
  • レンタカー割引サービス
  • 日本語緊急援助サービス
  • ANAカード専用運賃「ビジネスきっぷ」
    • 「ビジネスきっぷ」はご搭乗日当日の予約・変更が可能で、ANA国内線全路線に設定のある、便利でおトクな「ANAカード会員専用」運賃

ショッピング&エンターテイメント

  • 空港内免税店での割引 (10%OFF)
  • 高島屋SHILLA&ANAでの割引 (10%OFF)
  • 国内線・国際線の機内販売10%割引
  • 空港内店舗「ANA FESTA」での割引
  • 「ANAショッピング A-style」での割引 (5%OFF)
  • ANAビジネスソリューション公開講座 受講料割引(15%OFF)
  • ANA SKY コインへのご交換優遇レート
  • ANAカード会員限定イベントへの参加
スポンサーリンク

ANA ワイドゴールドカードの総評

GEN-ZO最強ランキングでも8位であるように総合的にもコスパ的にも比較的良いゴールドカードです。

しかも、VISA/MASTERの場合、WEB明細にすることにより、1,100円の割引を受けることが出来ます。

さらに、マイ・ペイすリボの登録と利用で3,850円の割引を受けることができ、年会費1万円程度で保有することも可能なお得なカードです。

とはいえ、私はリボ払いに関しては、いやだなーという所もありますので、リボ払いにしなかったとしてもまずまず良いコスパではないでしょうか。

ちなみに、リボ払いの割引は手数料の支払いが条件に変更になるようです。

✓GOODポイント

  • JALカードかANAカードで迷っているようであれば、ANAカードがおすすめ。なぜならコスパが良い。ちなみにプラチナだとJALカードの方が良いかな。ANAのプラチナカードはめっちゃ年会費が高い。
  • WEB明細にすると1,100円年会費が値引きされるので、さらにコスパが良くなる。
  • カード更新時に2,000マイルプレゼントされるお得さ。
  • ANAビジネスクラス・チェックインカウンターが利用可能だよ。
  • IHG・ANA・ホテルズグループジャパンのサービスや割引を受けることが出来るんだぜ。
  • ANAステータスカード取得の近道よ。
  • 旅行傷害保険が海外・国内共に最高5000万円で、なおかつ自動付帯。家族特約もあり!これ一枚で補償はOK
  • GEN-ZO的ランキングで8位と高評価のカード。オススメの一枚です。

✓BADポイント

  • ショッピングやエンタメのサービスはあまり多くないかな。
  • 家族カードの年会費が4,400円と高い。
  • バランスが非常に良いカードだけど、もう少し突出したものが欲しいかなー。

ANA ワイドゴールドカードのキャンペーン情報


ANA ワイドゴールドカードのキャンペーン情報になります。

入会時や更新時にボーナスマイルを貰うことが出来ます。

ただ、JCB・アメックスはキャンペーンをやっているのですが、VISA・MASTERはキャンペーンはあまりやっていないような感じですね。

  1. ご入会時に2,000マイルプレゼント
  2. 翌年以降毎年カード更新時に2,000マイルプレゼント
スポンサーリンク

他にもオススメカードをご紹介します

クレジットカード利用の1/3以上、利用する場所が決まっているようであれば、よく使う場所の提携カードを作った方が良いでしょう。

優待や獲得出来るポイントアップもありますからね。

例えば、JALに乗る機会が非常に多い人は、JALカードを作った方がお得にポイント(マイル)を貯める事が出来ます。

しかし、私もそうですが、これと言って決まった場所はなく、満遍なく利用している方が大多数かと思います。

そのような方のために、状況に応じたオススメのクレジットカードをいくつかピックアップしました。

① 年間200万円以上使うなら圧倒的おすすめカード「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」

こちらは、GEN-ZO的ランキングでも1位を獲得したクレジットカードです。

もし、あなたが年間200万円以上クレジットカードを利用するのであれば、年会費11,000円でプラチナカードを持つことが出来ます。

この条件を満たしている方は、間違いなくこちらのカードを保有した方が良いでしょう。

JALマイルも1%以上貯めることが出来ますし、公共料金やSuicaでもマイルを貯めることが出来ます。もちろんプラチナカードのサービスも受けることが出来ますし、プライオリティ・パスもついて来ます。

ただし、年間200万円以上使わない方は、セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの方が良いです。

サービス内容はほぼ同等で、年会費は22,000円ですが、保険で家族特約が付いてきます。

  • セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
  • GEN-ZO的最強ランキング:1位
  • 年会費:22,000円
    年間200万円以上のショッピングのご利用で、次年度本会員年会費を11,000円に優遇
  • SAISON MILE CLUB(無料)に加入で、JALマイルが1000円で10マイル、永久不滅ポイントが2000円で1ポイント貯まる。還元率がメチャメチャ良い。
  • プライオリティ・パス付
  • プラチナ会員向けの付帯サービス
  • 入会資格が、「個人事業主または経営者の方(学生、未成年を除く)」とあるが、普通に個人で申込が出来る。

▼記事はこちら

② コスパ最高!高級ホテルの無料宿泊券が貰える「SPGアメックスカード」

SPGアメックスカードは、1%以上のマイルが貯まり、40以上の航空会社のマイルに交換することが出来ますので、必要な時に必要なマイルに交換が可能です。

年会費34,100円と高額なクレジットカードですが、マリオット系の無料宿泊券もついて来ますし、マリオット系の上級会員(ゴールドエリート)になることが出来ます。

カードを持っているだけで無料特典が付いてくるカードも珍しいので、旅行に行かれる方は非常にオススメのカードです。

ちなみに、私はこのカードを保有しています。

  • スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード
  • 年会費:34,100円
  • カード更新時にマリオット系で使える無料宿泊券(←めちゃめちゃ価値あり)が貰えます。
  • 100円で3ポイント貯まり、ホテルの無料宿泊に使えます。
  • ポイントは40以上のマイルに交換することができ、マイル還元率が1%-1.25%と非常に高い
  • Marriott Bonvoyの上級会員(ゴールドエリート)になれます。お部屋のアップグレードがあるかも。

▼記事はこちら

③ サービス&コスパの良いゴールドカードを安く持ちたい「ミライノ カード GOLD」

年会費3,300円とゴールドカードの中では、非常に安いのですが、さらに年間100万円以上利用する方は、次年度無料となります。

補償も良く、ポイント還元率も1%とお得です。もちろん、空港ラウンジの利用も可能です。

万が一、年間100万円行かなくても年会費3,300円であれば、痛手が少なそうです。

  • ミライノ カード GOLD
  • 年会費:3,300円
    年間100万円以上のご利用で、次年度本会員年会費を無料に優遇
  • 旅行傷害保険が自動付帯&家族特約付き(海外:最高5000万円)。国内は利用付帯で最高5000万円。
  • 空港ラウンジの利用も可能
  • ポイント還元率は1%。ポイントを現金に交換できるという素晴らしさ。
  • 「空港免税店割引サービス」や「空港宅配優待サービス」などもあり

④ サービス&コスパの良いゴールドカードを安く持ちたい「MICARD GOLD」

年会費5,500円ですが、値段の割にサービスも充実していますし、特典も良いです。

コスパも非常に高くオススメの一枚です。

  • MICARD GOLD
  • 年会費:5,500円
  • 通常の空港ラウンジに加えて、「羽田空港国際線ラウンジTIAT」の利用が可能
  • 旅行傷害保険が自動付帯(海外:最高1億円、自動付帯5000万円)。国内は利用付帯で最高5000万円。
  • ポイント還元率は1%。waonなどに1ポイント=1円で交換可能。
  • 一休プレミアサービスの「プラチナ会員」のサービスを受けることが出来る。

⑤ とにかく安くプライオリティ・パスをGETしたい「楽天プレミアムカード」

海外旅行や出張が多い人には、プライオリティ・パスがあるのとないのではかなり違うと思います。

もし、プライオリティ・パスが欲しいという事であれば、上記の「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」がオススメです。

プライオリティ・パスも付いて来ますし、サービス的にもコスパ的にも一番良いです。年間200万円以上利用するのであれば一択です。

ただ、そんなにクレジットカードも利用しないし、とにかく安くプライオリティ・パスだけ手に入れたいという方は、楽天プレミアムカードがオススメです。

楽天プレミアムカードは、年会費11,000円でプライオリティ・パスが付帯しています。

私が調べた中では最安値です。

  • 楽天プレミアムカード
  • 年会費:11,000円
  • プライオリティ・パスが付いてさらに、最高のプレステージ会員です。
  • 旅行傷害保険が国内も自動付帯(海外:最高5000万円、自動付帯4000万円、国内:最高5000万円、自動付帯5000万円)。
  • 楽天プレミアムカードを使って、楽天市場でお買い物をすると通常、100円のお買い物で1ポイントのところポイント最大5倍!

▼記事はこちら

⑥ Amazonプライム会員なら「Amazon MasterCardゴールド」

すでにAmazonプライム会員であれば、是非持ちたい一枚がAmazon MasterCardゴールドです。

年会費は11,000円ですが、年間4,900円かかるAmazonプライム特典が使い放題になります。また、WEB明細書にすることにより、年会費1,100円の割引を受けることが出来ます。(マイ・ペイすリボ割引5,500円もあるのですが、興味がある人はサイトを見て下さい)

また、Amazonでの買い物が2.5%ポイント還元されます。

  • Amazon MasterCardゴールド
  • 年会費:11,000円
    *WEB明細書利用で、次年度以降1,100円の割引
  • Amazonプライムが無料で利用可能
  • Amazonでの買い物が2.5%還元。通常の買い物でも1%還元。Amazonポイントととして貯まります。
  • 旅行傷害保険が自動付帯(海外:最高5000万円、自動付帯5000万円、国内:最高5000万円、自動付帯5000万円)。

タイトルとURLをコピーしました