【SPGアメックスカード】のランキングは何位?総合評価&コスパを算出! #1

ゴールドカード

SPGアメックスカードの総合得点とコスパの算出をしました。

GEN-ZO BLOGでは、55のゴールドクレジットカード(一部プラチナ含む)でランキングを作成しています。

SPGアメックスカードは一体、何位になるのでしょうか?

ちなみに、SPGアメックスカードの紹介記事は下記を見て下さい。

早速、各項目のランキングを見て行きましょう。

スポンサーリンク

SPGアメックスカードの評価サマリー&ランキング

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード

カードランク ゴールド
年会費(税込) ¥34,100
GEN-ZO的最強ランキング 3位
総合得点 7位 [17点 /25点]

100万円
カード利用

旅行
価値
合計価値 1位 [¥42,000]
いくら+ 4位 [¥7,900]
CP 15位 [123%]
物販
価値
合計価値 14位 [¥10,000]
いくら+ 49位 [¥-24,100]
CP 42位 [29%]
200万円
カード利用
旅行
価値
合計価値 1位 [¥64,500]
いくら+ 2位 [¥30,400]
CP 19位 [189%]
物販
価値
合計価値 2位 [¥25,000]
いくら+ 40位 [¥-9,100]
CP 40位 [73%]

※順位は、55のゴールドカード(一部プラチナカード含む)をカード調べた結果の順位です。
※プラチナカードは、年会費5万円以内のものを選定しています。

[表の見方]

  • GEN-ZO的最強ランキング
    • 総合得点、コスパを総合的に見てGEN-ZOがランキング化
  • 総合得点
    • 最高点25点。「ポイント還元率」、「旅行」「エンタメ&ショッピング」などの付帯サービス、「補償」で評価を作成
  • 100万円(200万円)カード利用
    • クレジットカードを年間100万円(200万円)通常利用した場合
  • 旅行(物販)価値
    • 旅行(物販)で利用出来る価値を算出
  • 合計価値
    • 旅行(物販)サービスの金額価値
  • いくら+
    • 「旅行(物販)サービスの合計価値 ー 年会費」で算出。いくらプラスになるかで儲かる金額が分かる。
  • CP
    • 「旅行(物販)サービスの合計価値 ÷ 年会費」で算出。コスパが分かる。

総合得点とコスパを合わせたランキングは下記を参照して下さい。

総合得点のみのランキングは下記を参照して下さい。

コスパを重視したランキングは下記を参照して下さい。

スポンサーリンク
  • 年会費が高いのは躊躇する。しかし、その分リターンも大きい非常にお得度が高いカード
  • カード更新時に貰える無料宿泊券がカードの価値を大きく上げている
  • 旅行(ホテルやマイルなど)関連の利用では強い威力を発揮する一方、ショッピング(物販)やエンタメでは弱さがある
  • 旅行関連サービスのクレジットカードを持つなら1位2位を争うオススメのカード
  • 特にどこのマイルを貯めるか決めていない人や陸マイラーにはオススメの一枚

SPGアメックスカードの評価詳細

総合得点

総合得点の算出は、カードトータルのサービスを評価しています。

SPGアメックスカード7位 [17点 /25点]

✔ カード特典

項目 基準 点数
カード更新時、
無料特典プレゼント
3千円未満の価値:0点
3千円以上の価値:1点
1万円以上の価値:2点
2万円以上の価値:3点
3

カード更新時のマリオット系ホテル無料宿泊特典を2.5万円で計算しています。もっと価値がありそうですが、他のカードとのバランスをとってこの金額にしました。

✔ ポイント

項目 基準 点数
ポイント付与レート 0.7%未満:0点
0.7%以上:1点
1.0%以上:2点
1.2%以上:3点
2
航空券・ホテル宿泊券
に交換
不可:0点
可(1%未満):1点
可(1%以上):2点
2
電子マネーなどに交換 不可:0点
可(1%未満):1点
可(1%以上):2点
2

100円で3Marriott Bonvoyポイント獲得出来るため、ポイント付与レートを3%としたい所ですが、3ポイントで1マイルと交換のため、1%で評価しています。

マイルの付与も上述の通り1%としました。

Marriott Bonvoyポイントは直接日本の電子マネーなどには交換出来ないのですが、マイル経由で電子マネー等と交換できるため、こちらも1%で評価しています。

ちなみに、6万Marriott Bonvoy単位でマイルへ交換すると5000マイル追加で貰えるため、交換率が1.25%となりますが、こちらの数値では評価していないです。

✔ プロテクション

項目 基準 点数
旅行傷害保険
*海外・国内で高い方
5000万円未満:0点
5000万円以上:1点
1億円以上:2点
2
その他プロテクション 0-2点で任意 2

海外旅行傷害保険が最高1億円になります。

また、アメックスという事もあり、比較的補償も充実しており、旅行傷害保険には家族特約もついております。

よって、評価を高くしています。

✔ トラベル

項目 基準 点数
プラオリティ・パス なし:0点
あり:3点
0
空港カードラウンジの利用 不可:0点
可:1点
1
その他トラベル付帯サービス 0-2点で任意 2

トラベルサービスに関しては、空港関連のサービスが充実しています。さらに、マリオットボンヴォイのゴールドエリート会員という最大級のサービスがあります。

よって、こちらは高評価にしました。

✔ ショッピング&エンタメとサポートデスクサービス

項目 基準 点数
ショッピング&エンタメ
付帯サービス
0-3点で任意 1
サポートデスクサービス 通常:0点
コンシェルジュ:2点
0

ショッピングやエンタメ系に関しては、正直サービスは強くないです。

▼SPGアメックスカードのサービス詳細はこちらから

スポンサーリンク

コストパフォーマンス

こちらは、完全にコスパのみに焦点を絞って評価しています。

補償やサポートなどの付帯サービスは関係ないという感じの評価の仕方です。

まずは、表の見方から。

[表の見方]

  • 100万円(200万円)クレジットカード利用
    • クレジットカードを年間100万円(200万円)通常利用した場合
  • 旅行(物販)価値
    • 旅行(物販)で利用出来る価値を算出
  • オリジナル特典
    • カード更新時にプレゼントされる特典を金額換算。例えば、ホテル無料宿泊券など。
  • マイル換算
    • クレジットカード利用した際に貰えるマイルを金額換算したもの。1mile=1.5円で計算。
  • マネー換算
    • クレジットカード利用した際に貰えるポイントを金額換算したもの。例えば、電子マネーやAmazonギフト券などに交換した場合の金額。
  • P/Pass
    • プライオリティ・パスを金額換算。基本的に1.5万円で計算。ただし、サービスやプラン内容によって金額は変えています。
  • ラウンジ
    • 空港ラウンジの利用を金額換算。基本的には2千円で計算。ただし、サービス内容によって金額は変えています。
  • 合計価値
    • 旅行(物販)サービスの金額価値
  • いくら+
    • 「旅行(物販)サービスの合計価値 ー 年会費」で算出。いくらプラスになるかで儲かる金額が分かる。
  • CP
    • 「旅行(物販)サービスの合計価値 ÷ 年会費」で算出。コスパが分かる。

それでは、評価結果です。

✔ 100万円クレジットカード利用した場合

旅行価値 オリジナル特典 ¥25,000 無料宿泊券を2.5万円で計算
マイル換算 ¥15,000 1%
P/Pass ¥0  
ラウンジ ¥2,000  
上記合計 ¥42,000  
いくら+ ¥7,900  
CP 123%  
物販価値 オリジナル特典 ¥0 物販向け特典はなし
マネー換算 ¥10,000 マイル経由で1%
上記合計 ¥10,000  
いくら+ ¥-24,100  
CP 29%  

無料宿泊特典とマイルの還元率が良いということもあり、コスパはめちゃめや良いです。特に無料宿泊特典がSPGアメックスカードの価値上げていることが分かります。

✔ 200万円クレジットカード利用した場合

旅行価値 オリジナル特典 ¥25,000  
マイル換算 ¥37,500 200万円利用すると6万ポイント獲得6万ポイント単位でマイルに交換すると1.25%マイルとなる
P/Pass ¥0  
ラウンジ ¥2,000  
上記合計 ¥64,500  
いくら+ ¥30,400  
CP 189%  
物販価値 オリジナル特典 ¥0  
マネー換算 ¥25,000  
上記合計 ¥25,000 マイル経由で1.25%
いくら+ ¥-9,100  
CP 73%  

さらに、クレジットカードの利用が200万円になると、6万Marriott Bonvoyポイントを貯める事が出来るため、マイル還元率が1.25%と高還元率になります。

物販にはお得感がありませんが、旅行向け価値としては非常におすすめのカードとなります。

SPGアメックスカードの紹介記事は下記になります。

タイトルとURLをコピーしました