#1 ゴールドカード比較ランキングから見る「SPGアメックスカード」のメリット・デメリットを評価

ゴールドカード

このブログでは、ゴールドカード(一部プラチナ含む)を比較し、ランキング化しています。

今回は、SPGアメックスカードを評価していきます。

クレジットカード攻略の参考にして下さい。

スポンサーリンク
  1. SPGアメックスカードの基本情報及び評価サマリー&ランキング
    1. SPGアメックスカードの評価サマリー&ランキング
  2. SPGアメックスカードの特典・特徴と弱点
    1. SPGアメックスカードの特典・特徴
      1. Marriott Bonvoyの上級会員(ゴールドエリート)になれる
      2. SPGアメックスカードを更新するたびに無料宿泊券がもらえる
      3. 貯まったポイントは40を超えるマイルに交換可能。しかも、交換レートは1%以上。
    2. SPGアメックスカードの弱点
      1. 旅行がマリオット系列ホテル縛り?
      2. 「ポイントが貯まらない」もしくは「ポイント還元率が下がる」支払いがあるけど知ってる?
  3. ポイントプログラム
    1. ポイントを貯める
    2. ポイントを使う
  4. 付帯サービス
    1. 保険・補償
    2. トラベル
    3. ショッピング&エンターテイメント
  5. SPGアメックスカードの総評
  6. SPGアメックスカードのキャンペーン情報
  7. 他にもオススメカードをご紹介します
    1. ① 年間200万円以上使うなら圧倒的おすすめカード「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」
    2. ② サービス&コスパの良いゴールドカードを安く持ちたい「ミライノ カード GOLD」
    3. ③ サービス&コスパの良いゴールドカードを安く持ちたい「MICARD GOLD」
    4. ④ とにかく安くプライオリティ・パスをGETしたい「楽天プレミアムカード」
    5. ⑤ Amazonプライム会員なら「Amazon MasterCardゴールド」

SPGアメックスカードの基本情報及び評価サマリー&ランキング

カード名 スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード
発行会社 アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド
提携会社 マリオット・インターナショナル
国際ブランド AMEX(アメックス)
年会費 (税込) 34,100円
家族カード年会費 (税込) 17,050円
その他費用 (税込) 《ETCカード》
無料 *発行手数料935円

SPGアメックスカードの評価サマリー&ランキング

GEN-ZO的最強ランキング 5位
総合得点 7位 [17点 /25点]

100万円
クレジットカード利用

旅行
価値
合計価値 1位 [¥42,000]
いくら+ 4位 [¥7,900]
CP 15位 [123%]
物販
価値
合計価値 14位 [¥10,000]
いくら+ 49位 [¥-24,100]
CP 42位 [29%]
200万円
クレジットカード利用
旅行
価値
合計価値 1位 [¥64,500]
いくら+ 2位 [¥30,400]
CP 19位 [189%]
物販
価値
合計価値 2位 [¥25,000]
いくら+ 40位 [¥-9,100]
CP 40位 [73%]

※順位は、55のゴールドカード(一部プラチナカード含む)をカード調べた結果の順位です。
※プラチナカードは、年会費5万円以内のものを選定しています。

[表の見方]

  • GEN-ZO的最強ランキング ・・・総合得点、コスパを総合的に見てGEN-ZOがランキング化しています。
  • 総合得点 ・・・最高点25点。「ポイント還元率」、「旅行」「エンタメ&ショッピング」などの付帯サービス、「補償」で評価を作成。
  • 100万円(200万円)クレジットカード利用 ・・・クレジットカードを年間100万円(200万円)通常利用した場合
  • 旅行(物販)価値 ・・・旅行(物販)で利用出来る価値を算出
  • 合計価値 ・・・旅行(物販)サービスの金額価値
  • いくら+ ・・・「旅行(物販)サービスの合計価値 ー 年会費」で算出。いくらプラスになるかで儲かる金額が分かる。
  • CP ・・・「旅行(物販)サービスの合計価値 ÷ 年会費」で算出。コスパが分かる。

総合得点及びコスパの評価詳細については、下記の記事に載せています。

総合得点とコスパを合わせたランキングは下記を参照して下さい。

総合得点のみのランキングは下記を参照して下さい。

コスパを重視したランキングは下記を参照して下さい。

スポンサーリンク

SPGアメックスカードの特典・特徴と弱点

SPGアメックスカードの特典・特徴

Marriott Bonvoyの上級会員(ゴールドエリート)になれる

SPGアメックスカードは、マリオット・インターナショナルと提携したアメリカン・エクスプレス・ゴールド・カードです。

マリオットインターナショナルは、「マリオット」ブランドの他に、「リッツ・カールトン」「シェラトン」「ウェスティン」などのブランドを保有している世界No.1のホテルチェーンです。

マリオットブランド

マリオット・インターナショナルの会員プログラムがMarriott Bonvoy(マリオット・ボンヴォイ)になりますので、SPGアメックスカードを所有していると、Marriott Bonvoyの上級会員(ゴールドエリート)になることが出来ます。

Marriott Bonvoyゴールドエリートの特典は下記になります。

  • 宿泊等で通常より多くのポイントが獲得可能
  • 特典参加レストラン&バーでの利用15%オフ
  • 客室アップグレード
  • 午後2時までのレイトチェックアウト
  • エリート専用予約ライン 他

SPGアメックスカードを更新するたびに無料宿泊券がもらえる

50,000ポイント(1泊2名)までのホテルで利用することが出来ます。この特典があるから年会費が高くても作る人が多い理由です。

  • 50,000ポイントまでのホテルで利用可能(そこそこ良いホテルに泊まれる)
  • カード更新時のみ貰える。カード入会時(1年目)は貰えない。
  • 1泊2名と言ってるが、条件次第で1名追加しても無料や追加料金で使用する事が出来る。

参考までに下記のリンクもご覧下さい。

無料宿泊券だけでも年会費の元が取れるという話があるのですが、あながち間違っていません。

春休み、夏休み、GW、連休などでないと旅行に行けないという人にとっては、SPGアメックスカードの無料宿泊券はかなりお得だと思います。

そのあたりのシミュレーションを記事にまとめていますので参考にして下さい。

GWのど真ん中( 2020/5/2-3 )で調べても無料宿泊券の利用はお得です。

  • 京都方面
    └琵琶湖マリオットホテル(35,000P):¥43,700
  • 大阪方面
    └モクシー大阪本町(40,000P):¥25,175
    └コートヤード・バイ・マリオット大阪本町(40,000P):¥27,550
    └コートヤード・バイ・マリオット新大阪ステーション(35,000P): ¥32,300
    └シェラトン都ホテル大阪(35,000P):¥36,100
    └大阪マリオット都ホテル(50,000P):¥42,560
    └神戸ベイシェラトン ホテル&タワーズ(35,000P):¥31,635
  • 東京方面
    └コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション(35,000P):¥29,450
    └モクシー東京錦糸町(35,000P):¥25,650
    └シェラトン都ホテル東京(50,000P):¥32,300
    └ザ・プリンス さくらタワー東京、オートグラフ コレクション(50,000P):¥47,500
    └東京マリオットホテル(50,000P):¥38,950
    └横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ(40,000P):¥40,375

貯まったポイントは40を超えるマイルに交換可能。しかも、交換レートは1%以上。

100円で3ポイント貯める事ができ、貯まったポイントは3ポイント=1マイルに交換する事が出来ます。つまり、購入金額に対して、1%のマイルを貯める事が出来ます。

マイルは、JALやANAを含めた40を超える航空会社のマイルに交換することができ、さらに6万ポイント毎の交換になると5,000マイルをボーナスで貰うことが出来ます。つまり、1.25%のマイルを貯める事が可能となります。

どのマイルにするか融通が利く、1%以上のマイルを貯める事が出来る点でかなり特徴的なカードとなります。

参考までに下記のリンクもご覧下さい。

SPGアメックスカードの弱点

旅行がマリオット系列ホテル縛り?

年間で1~2回程度しか旅行に行かない我が家。

無料宿泊券を考えると行き先がマリオット系列のホテルがある場所に限られる。

海外はまだ良いけど、国内は場所が絞られるなー。

年間に何回も旅行に行く人は良いと思いますが、1~2回程度しか行かない人にとっては、行き先については考慮にいれておいた方が良いですね。

「ポイントが貯まらない」もしくは「ポイント還元率が下がる」支払いがあるけど知ってる?

アメックスが発行しているカードには、「ポイントが貯まらない」もしくは「ポイント還元率が下がる」支払いがありますので注意が必要です。

✔ ポイントが貯まらない主な支払い

  • NHK
  • 楽天Edy
  • モバイルSuica

✔ ポイント還元率が半減される( 200円=3Marriott Bonvoyポイント)主な支払い

  • 電気(東京電力など)
  • ガス(東京ガスなど)
  • 水道
  • 税金
  • AmazonPay

≫ 加算対象外・100円=1ポイントとして換算されない加盟店

スポンサーリンク

ポイントプログラム

ポイントを貯める

ポイントプログラム Marriott Bonvoyポイント
ポイント有効期限 24ヶ月間ポイントの獲得がない場合失効。24ヶ月間にポイントの獲得がある場合は、失効しない。つまりSPGアメックスカードを通常利用してれば執行することはほぼない。
ポイント付与レート 100円で3ポイント
ポイント還元率 ※1 1.00%
ボーナスポイント マリオット系列ホテルでのカード利用
*宿泊例:ポイント2倍+1米ドルあたり12.5ポイント+ウェルカムボーナス250~500ポイント )

※1 100円で何円分貯まるのかでパーセンテージを計算。マイルを金額換算する場合は、便宜上1mile=1円で換算している。

ポイントを使う

主なポイント利用方法・Marriott Bonvoy参加ホテルの無料宿泊で利用
・40以上の提携航空会社マイルへ交換
JALマイル還元率1%-1.25%
*60,000ポイント交換毎にボーナス5,000マイル
ANAマイル還元率1%-1.25%
*60,000ポイント交換毎にボーナス5,000マイル
ホテル宿泊で利用Marriott Bonvoy参加ホテル
ポイント・電子マネーに交換1%-1.25% *JAL/ANAマイル経由
Amazonギフト券還元率1%-1.25% *JALマイル経由
楽天スーパーポイント還元率1%-1.25% *ANAマイル経由
Tポイント還元率1%-1.25% *ANAマイル経由

付帯サービス

保険・補償

✔ 旅行傷害保険

海外旅行傷害保険最高1億円(5000万円)
国内旅行傷害保険 最高5,000万円 (0円)

※()内は自動付帯

✔ その他補償

  • キャンセル・プロテクション
    └ 急遽、予約していた旅行をキャンセルした場合でもキャンセル費用などの損害を補償
  • オンライン・プロテクション
    └ インターネット上での不正使用された場合でも利用金額を負担する必要なし
  • ショッピング・プロテクション
    └ 
    破損・盗難などの損害を購入日から90日間、年間最高500万円まで補償
  • リターン・プロテクション
    └ 
    購入した商品の返品を受付ない場合、補償をしてもらえる

トラベル

✔ 空港ラウンジ

プライオリティ・パス×
空港ラウンジカードラウンジ *同伴者1名無料

✔ その他特典

  • 手荷物無料宅配サービス
    └ 帰国(海外旅行)の際、空港から自宅まで、スーツケース1個を無料で配送
  • 大型手荷物宅配優待
  • エアポート送迎サービス
    └ 海外旅行の出発・帰国時に、提携タクシー会社の送迎を割安の定額料金に利用可能
  • 空港クロークサービス
    └ 
    空港内手荷物預かり所にて無料で荷物を預けられます。中部国際空港のみ
  • 無料ポーターサービス
    └ 
    空港で専任スタッフが荷物を運んでくれます。
  • 海外用レンタル携帯電話特別割引
  • レンタカーの国内利用特別割引
  • 空港パーキング
    └ 
    空港近くのパーキングに安く停めることが出来ます。
  • 航空便遅延費用補償(海外旅行)
  • オーバーシーズ・アシスト(海外旅行先での日本語サポート)
  • H.I.S. アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスク

ショッピング&エンターテイメント

  • コットンクラブ
    └ 
    東京・丸の内の「COTTON CLUB」にて、カード会員様限定の特典
  • 新国立劇場
    └ 
    カード会員専用の先行購入
  • チケット・アクセス
  • ゴールド・ワインクラブ
    └ 
    e+(イープラス)との提携により、厳選したチケット先行予約や良席を用意
  • 京都観光ラウンジ
    └ 
    カード会員専用高台寺塔頭 圓徳院「京都特別観光ラウンジ」
スポンサーリンク

SPGアメックスカードの総評

SPGアメックスカードに関しては、自身でも保有しており、非常に良いカードであると感じております。

コスパが高いこともさることながら、「ホテルの上級会員になれる」「高級ホテルの無料宿泊券が貰える」という事を考えれば、一段と旅行の質も上がります。

ざっくりと総評するとこんな感じです。

  • 年会費が高いのは躊躇する。しかし、その分リターンも大きい非常にお得度が高いカード
  • カード更新時に貰える無料宿泊券がカードの価値を大きく上げている
  • 旅行(ホテルやマイルなど)関連の利用では強い威力を発揮する一方、ショッピング(物販)やエンタメでは弱さがある
  • 旅行関連サービスのクレジットカードを持つなら1位2位を争うオススメのカード
  • 特にどこのマイルを貯めるか決めていない人や陸マイラーにはオススメの一枚

SPGアメックスカードのキャンペーン情報

SPGアメックスカードのキャンペーン情報のご案内です。

通常申し込むより、下記経由だとポイントを多く貰うことが出来ますのでオススメします。

最大39,000ポイントを獲得出来る初回ポイント獲得キャンペーン

  • 紹介経由の入会&入会後3か月以内に合計10万円の利用:36,000ポイント
  • 通常利用ポイント:3,000ポイント *100円=3ポイント、合計10万のカード利用で3,000ポイント

通常(紹介経由でない場合)は、入会後3か月以内に合計10万円の利用で30,000ポイントです。紹介経由の方が6000ポイント多く獲得することが出来ます。

下記リンクより申込を行うことにより、6,000ポイント多く貰うことが出来ます。

※過去にSPGアメックスカードを持っていた人は対象にならないので注意して下さいね。その他、注意事項はリンク先で確認して下さい。

スポンサーリンク

他にもオススメカードをご紹介します

基本的にクレジットカードは、良く使う決済の提携カードを使うの良いです。

例えば、JALにしょっちゅう乗る人はJALカードを作った方がお得にポイント(マイル)を貯める事が出来ます。

しかし、特にこれといったものはないという方が大多数だと思いますので、普段使いでもお得なカードを厳選してお届けします。

① 年間200万円以上使うなら圧倒的おすすめカード「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」

もし、あなたが年間200万円以上クレジットカードを利用するのであれば、年会費11,000円でプラチナカードを持つことが出来ます。

JALマイルも1%以上貯めることが出来ますし、公共料金やSuicaでもマイルを貯めることが出来ます。もちろんプラチナカードのサービスも受けることが出来ますし、プライオリティ・パスもついて来ます。

年間200万円以上使わない方は、セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの方が良いです。

年会費は22,000円ですが、保険で家族特約が付いてきます。

  • セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
  • GEN-ZO的最強ランキング:1位
  • 年会費:22,000円
    年間200万円以上のショッピングのご利用で、次年度本会員年会費を11,000円に優遇
  • SAISON MILE CLUB(無料)に加入で、JALマイルが1000円で10マイル、永久不滅ポイントが2000円で1ポイント貯まる。還元率がメチャメチャ良い。
  • プライオリティ・パス付
  • プラチナ会員向けの付帯サービス
  • 入会資格が、「個人事業主または経営者の方(学生、未成年を除く)」とあるが、普通に個人で申込が出来る。

▼記事はこちら

② サービス&コスパの良いゴールドカードを安く持ちたい「ミライノ カード GOLD」

年会費3,300円とゴールドカードの中では、非常に安いのですが、さらに年間100万円以上利用する方は、次年度無料となります。

補償も良く、ポイント還元率も1%とお得です。もちろん、空港ラウンジの利用も可能です。

万が一、年間100万円行かなくても年会費3,300円であれば、痛手が少なそうです。

  • ミライノ カード GOLD
  • 年会費:3,300円
    年間100万円以上のご利用で、次年度本会員年会費を無料に優遇
  • 旅行傷害保険が自動付帯&家族特約付き(海外:最高5000万円)。国内は利用付帯で最高5000万円。
  • 空港ラウンジの利用も可能
  • ポイント還元率は1%。ポイントを現金に交換できるという素晴らしさ。
  • 「空港免税店割引サービス」や「空港宅配優待サービス」などもあり

③ サービス&コスパの良いゴールドカードを安く持ちたい「MICARD GOLD」

年会費5,500円ですが、値段の割にサービスも充実していますし、特典も良いです。

コスパも非常に高くオススメの一枚です。

  • MICARD GOLD
  • 年会費:5,500円
  • 通常の空港ラウンジに加えて、「羽田空港国際線ラウンジTIAT」の利用が可能
  • 旅行傷害保険が自動付帯(海外:最高1億円、自動付帯5000万円)。国内は利用付帯で最高5000万円。
  • ポイント還元率は1%。waonなどに1ポイント=1円で交換可能。
  • 一休プレミアサービスの「プラチナ会員」のサービスを受けることが出来る。

④ とにかく安くプライオリティ・パスをGETしたい「楽天プレミアムカード」

海外旅行や出張が多い人には、プライオリティ・パスがあるのとないのではかなり違うと思います。

もし、プライオリティ・パスが欲しいという事であれば、上記の「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」がオススメです。

プライオリティ・パスも付いて来ますし、サービス的にもコスパ的にも一番良いです。年間200万円以上利用するのであれば一択です。

ただ、そんなにクレジットカードも利用しないし、とにかく安くプライオリティ・パスだけ手に入れたいという方は、楽天プレミアムカードがオススメです。

楽天プレミアムカードは、年会費11,000円でプライオリティ・パスが付帯しています。サービスはいまいちですが、プライオリティ・パスが付いているだけでも価値はあります。

  • 楽天プレミアムカード
  • 年会費:11,000円
  • プライオリティ・パスが付いてさらに、最高のプレステージ会員です。
  • 旅行傷害保険が国内も自動付帯(海外:最高5000万円、自動付帯4000万円、国内:最高5000万円、自動付帯5000万円)。
  • 楽天プレミアムカードを使って、楽天市場でお買い物をすると通常、100円のお買い物で1ポイントのところポイント最大5倍!

▼記事はこちら

⑤ Amazonプライム会員なら「Amazon MasterCardゴールド」

すでにAmazonプライム会員であれば、是非持ちたい一枚がAmazon MasterCardゴールドです。

年会費は11,000円ですが、年間4,900円かかるAmazonプライム特典が使い放題になります。また、WEB明細書にすることにより、年会費1,100円の割引を受けることが出来ます。(マイ・ペイすリボ割引5,500円もあるのですが、興味がある人はサイトを見て下さい)

また、Amazonでの買い物が2.5%ポイント還元されます。

  • Amazon MasterCardゴールド
  • 年会費:11,000円
    *WEB明細書利用で、次年度以降1,100円の割引
  • Amazonプライムが無料で利用可能
  • Amazonでの買い物が2.5%還元。通常の買い物でも1%還元。Amazonポイントととして貯まります。
  • 旅行傷害保険が自動付帯(海外:最高5000万円、自動付帯5000万円、国内:最高5000万円、自動付帯5000万円)。

タイトルとURLをコピーしました